東京の初任者研修

東京の初任者研修

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

初任者研修について

初任者研修の正式名称

初任者研修の正式名称

初任者研修は、以前のホームヘルパー2級から介護資格制度の改正に伴い変更になったもので、正式名称と呼べるものが確定されていないようで、介護職員初任者研修とか、初任者研修と呼ばれることが多いようです。
履歴書に記入するばあい、正式名称を書くのが、普通ですが、特に厳しい決まりがないので、それほど神経質になる必要はないみたいです。

初任者研修は、講座を修了すると、「介護職員初任者研修課程修了」になるので、今までのようにヘルパー2級の資格を取るという表現とは少し異なります。
ただ、今まで取った資格は、どれもそのまま生かされますから、それぞれの資格ですることのできる仕事は変わらず続けられるということになります。
介護の資格取得の仕組みを簡素化してわかりやすく一本化にしたのですが、今まで持っている資格は次のステップに進むとき、研修の受講時間が免除されたり、同等の資格であれば、そのまま、試験を受けることができるので、すべて無駄にならないよう考えられています。

初任者研修の資格でできる仕事

初任者研修の過程を修了すると、訪問介護の仕事ができるようになりますから、無資格で仕事を始めた人にすれば、かなりステップアップした感じがするのではないかと思います。

初任者研修の上位に、実務者研修というものがありますが、これは、以前の介護職員基礎研修で、こちらも廃止になっています。

順番に講座を受講していくのもいいですが、ずっと先の介護福祉士の資格取得を考えている人は、上位の研修を受講して、一気に資格試験を目指す人もいるようです。

どちらにしても、介護の仕事は、日々の積み重ねによってスキルアップしていくものですし、介護の資格取得には、実務経験が必要になるものがほとんどですから、仕事をしながら確実に実績を積んでいくことが、一番の近道であると思います。

まずは、研修を受講するか、無資格でもできる資格を探すかといえばそれぞれ自分のやり方に合った方を選ぶ方がいいとしか言えませんが、研修を受講する事業者で、就職に関するサポートを行っている所もあるので探してみるといいと思います。

介護職員初任者研修要綱

介護職員初任者研修が出来た過程

現在の介護保険制度において、複数の養成研修が存在することで、複雑な養成体系となっていることを解消するため、「今後の介護人材のキャリアパスを簡素でわかりやすいものにし、介護の世界で、生涯働き続けることができるという展望を持てるようにする必要がある」という提言がされました。
これを踏まえて、「訪問介護員養成研修2級課程」に変わるものとして介護職への入植段階の研修の位置づけとされたのが、新たに創設された「介護職員初任者研修」です。

介護職員初任者研修要綱

介護職員初任者研修の要綱は、第6章からなり、内容の概略は次のようなものです。

目的、基本方針、研修の過程及び内容等で第一章が構成されています。
第二章は事業者の指定等で、指定、指定の要件、指定申請の手続き、で構成されています。
第三章は、研修事業の開始で、届け出や、開講届、休講届、変更届、休止、及び再開届、終了証明書の交付、実績報告、助言・指導などです。

第四章は、研修事業の廃止で、廃止届けについての記述です。

第五章は、指導および調査で、実地調査等、勧告,命令そして、指定の取り消し、聴聞の機会です。
第六章は、書類の保存、その他、みなし規定などです。

これらの要綱は、都道府県ごとに定められており、ホームページなどから、閲覧することができます。

わかりやすくいえば、新しく介護に関する資格取得のシステムが、今までは複雑で、わかりにくかったので、新しく簡単な流れで資格を取得できるようにし、生涯それを使用して働くことができるということを謳ったものだということです。

確かkに以前は、何種類も資格があり、何を持っていればどういうことができるのかというはっきりとしたものがなかったため、介護の仕事をする人にとっても、不安な部分が多かったのだと思います。

改正されて、まとめられた資格は、わかりやすく、自分の位置との比較ができるので、これから取得するのも便利になったのではないかと思います。

初任者研修後の給料

介護職員初任者研修取得後の年収

介護職員初任者研修を受けて年収がどのくらいになるかということは、仕事をする上で関心の高いことであり、重要なことであると思いますが、実際にどのくらいなのかということは、あまりしられていないのではないでしょうか。

介護職員初任者研修を受けて、期待される年収は、パートを含め、平均250万円くらいのようです。

月収にすれば、19万円くらいになります。
介護職員初任者研修は、あくまでもステップアップのための資格であり、さらに上位の資格を目指すためのものですから、資格を取得して終わりではなく、そこから、どれだけスキルアップ、キャリアアップ、ができ、高い年収を見込める就職先を見つけることが大切です。

介護職員初任者研修は、勤務先や、勤務時間帯によって、かなり違いますから、先に書いた金額は、あくまでも平均年収です。

最低で200万円、最高で300万円といったところのようです。

年収の差の理由

また、ボーナスに関しても、違いが大きくばらつきが激しくなっています、
こうした差が出てくるのは、それぞれの施設で給与体系が違うこと、夜勤があるかないかの違いに大きく影響されています。
中でも、年収が高くなるのは、特養老人ホームに努めた場合で、夜勤があることに理由があるようです。
最初のうちは、どんな職業でも高収入ではなく、スキルアップしたり、年数がたち、実績が増えることなどにより収入は増えていくのが一般的ですから、介護の世界でも同様だと考えていいと思います。
大変な仕事ですからやはり収入も高い方がいいと思いますが、地道にコツコツと仕事をこなして、経験値を上げていくことが、重要なことではないかと思います。

つまり、スキルアップすることが、介護を必要とする人にとって、サービスの向上につながるので、介護を生涯の仕事にしようと思う人にとって収入が上がることと同じように仕事のやりがいを感じられる目安になるものなのではないかと思うからです。

資格を取るには時間がかかりますから、じっくり取り組むしかないと思います。

初任者研修資格取得方法

介護職員初任者研修の資格取得方法

介護職員初任者研修の資格を取るには、この研修の講座を開講しているスクールなどで、受講するのですが、通学コースと、通信+通学コースの2通りがあります。
スクーリングの時間があるので、通信だけというわけにはいきませんが、130時間の講習が必要ですから、スクールを選ぶときは、自分の通える条件を満たしているスクールを探さなければなりません。

費用も、5万円以上かかりますからなるべく無駄が無いように受講しなければなりません。
資格試験ではなく受講するだけですから、きちんと授業に出て、終了時の筆記試験にパスすればいいわけです。

最短でも、ひと月くらいかかるようですから、計画的に取り組むことが必要です。
講座を開講しているスクールはたくさんありますから、日程やスクールの時間割など最後まで通える条件の所を探すといいと思います。

費用もまちまちですから、安いに越したことはありませんが、やはりこれから就職も考えている人は、就職のサポートをしているところだと介護関係の仕事を斡旋してくれますから、自分で探すよりもスムーズに就職することができると思います。

介護の仕事の道のり

介護職員初任者研修は、介護の仕事をしていくうえでの、最初のスキル取得になりますから、まだまだ、先の長い話になります。

少しでも実際の仕事の役に立つようステップアップは着実にこなしていかなければなりません。

この研修を修了することで、今仕事に就いている人は、実務のスキルがワンランク上がることになりますし、知識も豊富になっているはずですから、介護を必要としている人のサービスも満足度がアップすることになります。

介護の仕事に必要なのは、相手に為に役立ちたいという気持ちが一番、実際に役立つスキルが二番といっても過言ではないと思いますから、生涯この仕事をしていこうと思っている人は、計画的に資格を取得することで、目的をきちんとクリアすることができると思いますので、まずは、スクール探しから始めるといいでしょう。

初任者研修のスケジュール

介護職員初任者研修のスケジュール

介護職員初任者研修のスケジュールは、スクールによっても違いますが、大体ひと月から3か月くらいを目安にカリキュラムが組まれていることが多いようです。

介護の仕事をし始めた初期の段階では、まだ何もわからない状態の人が多いと思いますが、働きながら研修を受講しようと思うならば、やはり、仕事をきちんとすることが大前提になりますから、介護技術の習得は非常に大切なステップだということがわかります。

受講生も介護業者からも、研修終了後に介護業界で働き始めることが目的というよりも、介護業界で働き続けることが重要だと思っていることが多いようです。

この初期の段階で習得する知識は全て介護の仕事に役立つことであり、またこれから先のステップアップのための基礎となるものですから、しっかりと身に着けなければいけないものでもあります。

制度の改正の意味

介護の資格取得制度が改正されたのも、生涯介護の仕事をしていくことができるような革新を現場の人たちが持てるようにすること、また、介護業界で高いスキルと質の高いサービスを提供できる介護士を育てるということが目的ですから、段階的にそれぞれのステップできちんとした知識を習得しなければなりません。

介護の仕事を目指す人たちは、知識や技術を習得することによって介護を必要とする人たちに最適なサービスを供給できることが一番重要であると考えているはずですから、介護職員初任者研修の受講は、なるべくスムーズに終了させたいと思っているのではないでしょうか。

130時間という受講内容の中には、講義だけでなく実技もありますから、実際の現場で働く講師も多くいるようです。
なるべく、講師の人とも話をするようにして、現場の知識を習得すると、研修以上の知識も得ることができて仕事に即決する実力となるのではないかと思います。
計画的に受講ができるよう、自分の条件をよく確認して、もっとも、適したスクールを選ぶようにするとこの先の仕事も資格取得もスムーズに行くと思います。

初任者研修 対象者

介護職員初任者研修の受講対象者

介護職員初任者研修の受講対象者は、訪問介護事業に従事しようとする者もしくは、在宅、施設に関わらず、介護の業務に従事しようとする者という規定があります。

合計130時間の研修を受講して修了すると、介護職員初任者研修課程修了となり訪問介護の仕事に携わることができるようになります。

資格試験を受験する訳でなく、まじめに受講して修了試験に合格すればいいわけですから、計画的に受講することで誰でも修了することができるようになっています。

介護の仕事で最初に必要になるのが、介護職員初任者研修ですから、介護に関する基礎知識と実務に必要な技術の習得を目的としています。

実際、この研修を修了することで、介護士へのステップを一つ進めることができるわけですから、仕事の種類もできることが増えて、やりがいも感じることができるようになるはずです。

介護の仕事で大切なこと

介護の仕事は、知識や技術のレベルが高いことはもちろん大切な要素ではありますが、長く働き続ける自信と確信を持てることは何よりも必要なことであり、それを取得できれば、介護のサービスを受ける人にも、最適なサービスを提供することができるのではないかと思います。

介護を必要とする人の役に立つことが重要な目的の一つですから、実は介護職員初任者研修を受講する対象者は、生涯介護の仕事をしていきたいと思っている人なのかもしれません。

受講するには、スクールを選ばないといけないので、自分のスケジュールに合ったスクールを根気よく探すことも必要です。
受講が就労してから就職するつもりの人は、就職をサポートしてくれるスクールを選ぶと働くまでのステップがスムーズに行くと思います。

働きながら、受講をする人は、仕事の合間に受講できるようスケジュール管理が必要です。
実際の仕事に役立つ内容が満載ですから、きちんと習得して仕事に生かせるようにすると資格を取るための勉強にもなりますから一石二鳥ということになります。
安い費用ではありませんから、無駄にしないようしっかり勉強するといいでしょう。

初任者研修とヘルパー2級

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、介護資格の取得制度が改正になったため、資格の体形が簡単になったものです。

今までの資格制度で必要であったものと重なるものもありますが、基本的に、段階的に一つ取得するとこれができるということがはっきりして、わかりやすくなりました。

ホームヘルパー2級との関連

介護職員初任者研修は、今までのホームヘルパー2級という資格に相当するものです。
実際のところ、これは研修を受講し修了すれば、介護職員初任者研修課程修了となり、訪問介護の仕事をすることができるようになります。

ホームヘルパー2級の資格はなくなってしまうわけではないので、取得している人は、その資格をそのまま使うことができますから、無駄になることはありません。

新しい介護職員初任者研修は、資格試験を受けるわけではないので、まじめに受講して修了試験に合格すれば修了したと認められます。

介護の仕事では、資格によって、できる仕事も変わってきますし、長く時間をかけて実務の経験を積んでいきますから、段階的に研修を修了することは、知識や技術をしっかりと身に着けることができるという点ではとても効果的な方法だと思います。

ただ、仕事をしながら受講する人などは、しっかり計画を立てて臨まないと最後まできちんと修了できないことになっては、元も子もありませんから最初にきちんと計画を立てることが必要です。

実際,受講することによって、基礎知識を身に着けることができ、実務に必要な技術も獲得できますから、仕事をする上で有意義な研修であることは間違いないと思います。

介護の仕事を生涯続けようと思う人は、自信をつけることにもなりますから、計画的に進めていくことが必要です。

介護に携わる人は不足していますから、新しいシステムで、介護業の人口が増えると介護を必要とする人のサービスも適正なものになっていきますから、介護の仕事の待遇も良くなっていくと思います。

初任者研修とヘルパー1級

介護職員初任者研修とホームヘルパー1級

介護職員初任者研修は、介護資格制度が改正されて新しくできたもので、以前のホームヘルパー2級に相当する資格です。

ホームヘルパー1級は、ちょうど介護職員初任者研修と、介護福祉士実務者研修の間に位置する資格となりますが、以前取った資格はそのまま使うことができるので、次に目指す資格としては実務者研修ですが、受講時間が少し免除されることになります。

ホームヘルパー1級を持っている人であれば、あえて介護職員初心者研修を受講する人湯は無いと思いますし、さらに上位の資格を目指す方が費用的にも、時間的にも無駄がないと思います。

介護職員初任者研修は、資格といっても、受講して修了試験に通れば修了とみなされるものですから、国家試験として受験をする段階ではないのですが、介護の仕事をするにあたってひつようとなるしかくですから、段階的に終了していくことが必要となります。
介護職員初任者研修は、ホームヘルパー2級と同等ですから、修了することによって、訪問介護の仕事をすることができるようになります。

基礎的な知識と、実務に必要な技術を取得できるので、介護の仕事をしていく上で、自信と確信を得ることができるものではないかと思います。

介護の資格取得体系

今までは、資格体系が複雑で、わかりにくかったため、簡素化して、段階的にどの資格を持っていればいいかを明らかにさせたということです。

それによって、生涯介護の仕事をしていくという人にとって、不安を少なくすることができるということのようです。

やはり、介護の仕事をするにあたって、まず必要な知識と技術をえることができますから、これから就職する人にとっても、仕事をしながら受講している人にとっても、メリットは大きいと思います。

スクールで講義をする講師も現場で活躍している人も多いので、生の声を聞くことができるなどすぐに現場で使える情報も多いようです。
スクールを選ぶときは、自分の条件と合うところをきちんと探すようにすると、スムーズに進めることができると思います。

初任者研修の免除

介護職員初任者研修で免除されること

介護職員初任者研修は、介護資格制度の改正で新しく変わった資格ですが、今までに取得した資格はそのまま使うことができるので、新しい研修の受講では免除されることも出てきます。

対象者は、特別養護老人ホームにおいて1年以上の実務経験を有する者で、免除されるのは、「講義における職務の理解に該当する項目」と、実習における「心と体の仕組みと生活支援技術に該当する項目」です。

これによって、講義6時間と実習75時間が免除されることになりますから、130時間の研修の半分以上が免除されることになります。
これは、かなり時間短縮できることになりますから、該当する人は、申請する方がいいと思います。

介護の仕事とは

介護の仕事は、知識だけでは、資格が取れませんから、実務をしながら知識と技術を習得することになります。
これは、とても時間のかかることですから、生涯介護の仕事をしていこうと思う人でなければなかなか大変なことだと思います。

しかし、最初から計画的に、進めていけば最短の期間でステップアップしていくことができますから、仕事をしながら受講するか受講してから就職するかは、それぞれ自分の都合に合わせればいいと思います。

研修はまじめに受講して修了試験に通れば修了できますから、まずはそれを目標に確実に身に着けることを実践することが大切です。
介護職員初任者研修を修了することで、訪問介護の仕事をすることができますから、仕事の種類も増えますし、基礎的な知識と技術を習得することができます。

介護の仕事に必要なことは、相手の気持ちになって障碍者や、認知症の方が自立できるよう手助けをすることですから、知識や技術をスキルアップすることで、よりレベルの高いサービスを提供することができます。

自分の自信にもなりますから、計画を立てて、しっかり身に着けられるよう勧めていくようにしてください。
先へ進むための基礎はきちんと固めておくことで、実務に生かすことも可能になると思います。

初任者研修のメリット

介護職員初任者研修とは

介護職員初任者研修は、旧ホームヘルパー2級と同等の資格ですが、資格試験を受験するのではなく、研修を受講して修了試験に通れば、修了と認定されます。
ホームヘルパー2級よりも、密度の濃い授業になっており、介護の入門資格という意味では、ホームヘルパーの仕事内容とほぼ同じですが、訪問介護だけでなく、施設における介護もカリキュラムに含まれているのが特徴です。

介護職員初任者研修を取得するメリット

介護職員初任者研修を取得するメリットは、「福祉、介護業界での就業」ができることです。
高齢者施設、訪問介護、障害者施設など、資格を取得することで、有利に就職活動を行えます。

また、仕事だけでなく、大切な人をサポートできるということもメリットの一つです。
実際に、家族が介護を必要とするようになったとき、何も知識がなければサポートすることはできません。
家族がサポートできれば本当は一番介護を必要とする人にとって負担も少なく、幸せなことだと思うのですが、現実では、それはなかなか難しいことになっています。

ですから、資格を持つということは、他人だけでなく、自分の家族にもサポートができるということになります。

介護職員初任者研修の資格を取得して将来ずっと介護の仕事ができるのかというと、現在の日本の状況では、これからどんどん介護の有資格者の需要は増え続けると思われます。

少子化と高齢化社会の影響で、介護を必要とする人は、増え続けていますから、生涯介護の仕事をしていくことは十分可能だと思います。
また、スキルアップしていくことで、仕事の種類もどんどん広がるので、やりがいのある仕事になっていくと同時に責任もある重要な立場になっていくでしょう。

介護の仕事において、介護福祉士や、ケアマネージャーなどは、非常に重要な役割を果たしていますから、最初の導入段階である介護職員初任者研修を取得することは、将来ステップアップしていく上でとても大切な資格であるということができると思います。

1 / 41234